広島で一番安心できる こちら「乳がん まるっと相談所」

乳がん情報発信サイト

あなたもきっと大丈夫ですヨ!!
しこり、違和感、痛みなど、オッパイに関する不安やお悩みに、
専門家が、まるっとナビゲーションいたします!!
もう一度言いますね、
あなたもきっと大丈夫♪
気になるところがある方も
乳がんと診断された方も
現在治療中の方も
今は問題は無いけど、一度検診を受けてみたい方も
まずは大きく深呼吸し
下の項目から該当する箇所を選んでください。

乳がん検診について知りたい しこりや痛みなど、気になるところがある 精密検査について知りたい 乳がんと診断された 治療中だけど疑問や不安がある

ご相談はこちらからどうぞ

このサイトを運営しているスタッフ

乳がん体験者

中川けい

(NPO法人乳がん患者友の会きらら 理事長)
(日本乳癌学会「患者さんのための乳がん診療ガイドライン」作成小委員会委員)

ピンクリボン活動サポートグループ

大石敏実

(ひろしま乳がんフォーラム事務局)

松本由香理

(女性と健康を考える会)

乳がん専門医としての助言、監修

檜垣健二先生

(広島市立広島市民病院 副院長・乳腺外科主任部長)

乳がん検診について知りたい

どんな検診を受ければいいですか?

月に一度の自己検診と、年に一度の医療機関での検診をお勧めします。

何歳ぐらいから検診を受ければいいでしょうか?

40歳以上の方は、マンモグラフィ検診、40歳以下の方は、超音波検診が向いていると言われています。40歳以上の方は、マンモグラフィに超音波検査を併用することもお勧めします。
医療機関での検診は、30代半ばから、40歳以上の方にお勧めします。自己検診は、20代から行いましょう。

身近な人が乳がん体験者なので、検診を受けたいのですが?

乳がん体験者さんとご自身の血縁関係が近いほど、また乳がん体験者さんが家系内に多くいればいるほど、その方の乳がん発症リスクは高くなります。

乳がん検診の費用はいくらぐらいかかるのでしょうか?

検診は、健康な方が受ける検査ですので、検診の費用は自費になります。費用は各医療機関にお尋ねください。マンモグラフィ検診は7,000円ぐらい、超音波検診は6,000円ぐらいです。マンモグラフィと超音波をあわせて受ける場合は、10,000円ぐらいです。
お住いの地区によっては、40歳以上の方は検診費用の補助がある場合があります。
広島県のがん検診の補助については、広島県が運営している検診お知らせ番号0570-666-194にお問い合わせください。

乳がん検診はどこで受ければいいでしょうか?

乳がんは乳腺外科が専門です。
私たちが信頼する医師がおられる検診施設は、中央通り乳腺検診クリニックです。

桧垣ドクターの”1ポイントアドバイス”

乳がんと診断されれば予想以上にお金と時間を使います。そう考えると乳がん検診により早期発見ができれば、お金と時間は十分に元がとれます。

しこりや痛みなど、気になるところがある

乳房に違和感があります。

乳腺外科を受診しましょう。
私たちが信頼する医師がおられる医療機関は、
広島市立広島市民病院、広島大学病院、県立広島病院、福山市民病院、中国労災病院、香川乳腺クリニック、中央通り乳腺検診クリニックなどです。

乳房に痛みがあります。

乳腺外科を受診しましょう。 私たちが信頼する医師がおられる医療機関は、
広島市立広島市民病院、広島大学病院、県立広島病院、福山市民病院、中国労災病院、香川乳腺クリニック、中央通り乳腺検診クリニックなどです。

乳首から分泌物が出ます。

乳腺外科を受診しましょう。 私たちが信頼する医師がおられる医療機関は、
広島市立広島市民病院、広島大学病院、県立広島病院、福山市民病院、中国労災病院、香川乳腺クリニック、中央通り乳腺検診クリニックなどです。

乳房にひきつれがあります。

乳腺外科を受診しましょう。 私たちが信頼する医師がおられる医療機関は
、 広島市立広島市民病院、広島大学病院、県立広島病院、福山市民病院、中国労災病院、香川乳腺クリニック、中央通り乳腺検診クリニックなどです。

乳房にただれがあります。

乳腺外科を受診しましょう。 私たちが信頼する医師がおられる医療機関は、
広島市立広島市民病院、広島大学病院、県立広島病院、福山市民病院、中国労災病院、香川乳腺クリニック、中央通り乳腺検診クリニックなどです。

乳房に気になるところがあるのですが、どこで診てもらえば いいでしょうか。

乳腺外科を受診しましょう。 私たちが信頼する医師がおられる医療機関は、
広島市立広島市民病院、広島大学病院、県立広島病院、福山市民病院、中国労災病院、香川乳腺クリニック、中央通り乳腺検診クリニックなどです。

桧垣ドクターの"1ポイントアドバイス"

症状があるからといって、乳がんとは限りません。乳がんを否定してもらったり、乳がんと診断してもらうためには勇気をもって検査をうけることが大事です。

精密検査について知りたい

会社の健康診断で、乳がん検診の精密検査を受けてください
と言われたのですが。

怖がらずに、かならず、精密検査を受けてください。

要精密検査と言われました。
どこで精密検査を受ければいいのでしょうか。

乳腺外科を受診してください。
私たちが信頼する医師がおられる医療機関は、
広島市立広島市民病院、広島大学病院、県立広島病院、福山市民病院、中国労災病院、香川乳腺クリニックなどです。

精密検査が必要ということは、「乳がん」なんでしょうか。

要精密検査の人が、すべて悪性の病気であるとは限りません。

桧垣ドクターの"1ポイントアドバイス"

乳がんと診断される方は一部の方です。また、乳がんと診断されても早期の方がほとんどです。精密検査をうける勇気をもちましょう。

http://ganjoho.jp/public/cancer/data/breast.html http://jbcsfpguideline.jp/

乳がんと診断された 早く治療を受けたいと思われるでしょうが、手術を急ぐ必要はありません。納得して治療法を選びましょう。

乳がんと診断されました。これからどうなるのでしょう。

乳がんの治療は、手術、薬物、放射線などを組み合わせて行います。組み合わせ方は何通りものやり方がありますので、患者さんにとって最善な治療を、お医者さんとじっくり話し合って決めましょう。
乳がんを体験した方のお話をきいてみるのも参考になります。

乳がんと診断されて、毎日が不安です。

不安は他の方に聞いてもらうことで気持ちが軽くなることもあります。医療者や家族、乳がんを体験された方にお話ししてみませんか。患者会や患者サロンなどについては、こちらのメールまでお問い合わせください。

乳がんと診断されました。治療方法はどんなものがありますか。

乳がんの標準治療を知りましょう。
[参考ページ]
国立がん研究センターがん対策情報センターのがん情報サービス
日本乳癌学会 患者さんのための乳がん診療ガイドライン

ほんとうにこの治療方法でいいのでしょうか。

医師もしくは主治医から、必要な説明を十分に受け、納得して治療方法を決めましょう。
他の医師の意見を聞く、セカンドオピニオンという方法もあります。

この病院で治療をしていいのでしょうか。

医師もしくは主治医から、必要な説明を十分に受け、納得して治療方法を決めましょう。
他の医師の意見を聞く、セカンドオピニオンという方法もあります。

桧垣ドクターの"1ポイントアドバイス"

乳腺外科を標榜しているところでの治療は標準治療と考えていいと思います。それでも不安でしたら、セカンドオピニオンをうけられて納得することも一つの方法です。

治療中だけど疑問や不安がある

乳がんの治療中ですが、薬の副作用が辛いのですが。

主治医の先生に相談してみましょう。
乳がん体験者のお話を聞いてみるのもいいでしょう。

抗がん剤の副作用で痺れがあります。 いつまで続くのでしょうか。

主治医の先生に相談してみましょう。
乳がん体験者のお話を聞いてみるのもいいでしょう。

主治医の先生になかなか相談ができません。 どうしたらいいのでしょうか。

限られた時間内に質問をするために、あらかじめ質問事項を簡潔にまとめ、箇条書きにしておきましょう。
先生の説明の大切なポイントはメモを取りましょう。また、家族や友人など信頼できる人と一緒にお話をきくのも良いでしょう。
看護師さんや薬剤師さんなどに相談や質問をしてみましょう。
セカンドオピニオンという方法もあります。

病院をかわりたいのですが。

提示された治療法に納得できない、主治医との信頼関係が築けないなど、様々な理由があると思います。患者さんにとっては大きな決断が必要となります。もし、転院する場合は、それまでの治療経過などの資料が必要ですので、主治医に必ず転院希望を申し出て、紹介状などを用意してもらってください。また転院希望先の医療機関が受け入れてくれるかという問題もありますので、事前の相談も必要となってくるでしょう。

治療費が高くて、治療を続けることができるかどうか心配です。

拠点病院や通院先の患者相談窓口に相談しましょう。

どの治療をするか選んでくださいと言われました。
どうしたらいいかわかりません。

まずは自分では治療方法を選べない旨を主治医に話し、説明をよく聞き、納得してから治療方法を選びましょう。セカンドオピニオンという方法もあります。